即席ザワークラウト

zawa一人暮らしでキャベツを丸々一個買うと、使い切るのに結構日数がかかってしまいます。
安売りしていると、欲張って大きいサイズのものを買っちゃったりして(^^;)

そんな時にはザワークラウトを作って保存食とするのもおススメですね~。
ザワークラウトは、ドイツ料理のキャベツの漬け物みたいなもの。
本来は、キャベツを乳酸発酵させることで作るけれど、
ここはお手軽レシピ。酢を使うことで乳酸発酵させたような風味を出しちゃいます。
お好みのスパイスやハーブを入れるとオリジナルの香りのザワークラウトになりますよ~!

 

材料
キャベツ  200g(太めの千切り)
クミンシード  小さじ1(キャラェイ、アニス、フェンネル等のシードスパイスでも可)
ディルの葉(フレッシュ)  刻んだもの 大さじ1
ハーブビネガー 大さじ2(ワインビネがー、アップルビネガー、穀物酢などでも可)
ハーブソルト  小さじ1/2
三温糖   小さじ1/4
コショウ  少々
ローリエ  1枚

作り方
1.キャベツをシリコンスチーマーに入れて800Wで2分ほど加熱します。
2.ボウルに1を入れて、その他の材料も入れてよくかき混ぜたら保存容器に移し、粗熱を取り一晩寝かせれば出来上がり~
スパイスやハーブは手に入るものやお好みのものでOKです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA