青マンゴーのチャツネ

aomango沖縄は7月に入ると美味しいマンゴーの季節。
マンゴー農家さんたちは、今大忙しのことと思います。

そんなマンゴー農家のお客さまから、まだ成熟前の手の平サイズの青マンゴーをたくさんいただきました!
甘く美味しいマンゴーを作るためには、ある程度実を剪定しないといけないようです。
もったいないけれど、東南アジアでは青マンゴーを野菜として食べたりしていますね〜。

私自身、県産の未熟な小さなマンゴーを見るのも初めて、使ってみるのも初めて!!
ワクワクしちゃいます〜♪

aomango2いろいろと調べたりして、最初に作ってみたのがコレ。
青マンゴーとレーズンのチャツネです。

チャツネとは、野菜や果物にスパイス等を加えて煮込んだり、漬けたりして作るソースやペースト状の調味料。インドではカレーに添えたり、揚げ物のトッピングにしたりと欠かせない調味料です。

今回、私はレーズンと一緒に煮込み、大好きなスパイス、シナモン&カルダモンで風味付けしてみました。

ちょっと酸味が強かったかな〜、、、と反省しつつも、意外と料理の下ごしらえとしても活用できていい感じ。
鶏の唐揚げなどの下味付けのたれにちょこっと加えたりすると、いつもとちょっと違ったエスニック風を楽しめるかも(^^)

青マンゴーが手に入る、、、なんて幸運な機会はめったにないかもしれませんが
参考までに今回のレシピをご紹介しまーす!

●材料
青マンゴー   7個(手の平サイズ。350〜400gくらい  皮を剥き小さく切る
レーズン    60g
シークヮーサー果汁  30ml(好みで調節)
はちみつ    50g (好みで調節)
三温糖     50g (好みで調節)
バージンココナッツオイル  小さじ2
シナモンパウダー  適宜
カルダモンパウダー 適宜
水  少々  (水分が足りない感じの時に加える)

●作り方
材料をすべて鍋に入れ、木べらで少しマンゴーを潰すようにしながら煮込む。
マンゴーやレーズンが柔らかくなりジャム状になれば出来上がりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA