ルーシーダットンの呼吸法

kokyu「呼吸」は生きる上でとっても大事な生命活動です。

新鮮な空気を身体に取り込み、二酸化炭素を吐き出す、、、生命を維持するために必須な活動であることは当然ですが、
意識と無意識をつなぐ架け橋のような役割もしていますね。

普段、無意識で行っている呼吸ですが、意識的に少しの間止めたり、スピードを早くしたり遅くしたりと意識的にコントロールすることも可能です。
コントロールすることによって、精神的に落ち着きを取り戻したり、逆に緊張感を持って大事な場面に向き合ったりすることができます。

呼吸を意識しながら自分自身と向き合う時間、普段の生活に必要な時間かもしれませんね!

さて、ルーシーダットン(タイ式ヨガ)を行う上でも呼吸がとても大事です。
その呼吸法に独得な特徴があるので、初めてやってみた方からは「呼吸が難しい」とか「あれ?逆??」「吸うのが大変」などなどの乾燥をいただいたりしますが、慣れてくるととっても気持ちが良いし、身体の内側からどんどん巡りがよくなっているような実感もできますので、ぜひ多くの方に体験していただきたいなと思っています。

ルーシーダットンの呼吸法は
鼻から大きく息吸い(5秒間くらいかけて)、胸もお腹も膨らませます。

吸い切った頂点で3秒間くらいキープ。

口から強くシューって音を出すように口をすぼめて吐き出し(5秒間で吐き切る)、お腹をぺっちゃんこに凹ませます。

これを繰り返しながらポーズを取るのですが、
息を吸う時に動きだし、息を吐く時に動きを戻すというやり方なので、ヨガやストレッチ体操などと比べても「逆」のような感じになって違和感を感じる方も。。。

でも、吸って身体が少し緊張状態の時に動くと少しの動作でもしっかりと刺激が入りやすく、吐く時は全身が弛緩するのでこれを繰り返すとポンプ作用のようにどんどん血液やリンパの流れが良くなるんですよ〜。

この呼吸法を繰り返すだけでも、呼吸に関わる筋肉が鍛えられて代謝が上がりやすくなったり、お腹まわりがスッキリ、、、なんてことも期待できるかも〜♪

ぜひぜひ、お気軽にルーシーダットンのレッスンを受けにきてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA