NLPからの学び〜スイッシュパターンでやめたい衝動や習慣を改善!

ハイビスカス先日、久しぶりに大好きなビーチへ泳ぎに行きました〜。
海の中で生き生きと泳ぐお魚たちや、綺麗なサンゴたちを眺めていると、ほかになーんにも考えることもなく頭の中も心の中もリフレッシュされる感じがします。
そして、駐車場には真っ赤なハイビスカスがとっても綺麗でした(^^)

私自身がとっても有効だったNLPのスキルに「スウィッシュパターン」があります。

やめたい衝動や習慣などのイメージを「スィッシュ!」といったムチで叩くような音とともに一瞬にして望ましい状態のイメージに変えることで、その改善を図るというスキルです。

先日のマスターコースでは、何度か練習で受講生同士で行いました。
私は、ある自分のやめたい行動を改善しようと、相手の受講生さんにこのスキルを行ってもらったところ、
あら不思議。その翌日から、その行動をしなくても大丈夫になりました。
「めっちゃ効いてる〜!!」と実感。

このスキルで大切なことは、
そのやめたい衝動が起こるきっかけ(トリガー)がどこにあるのかを、よく分析して断定すること。

たとえば、タバコを止めたいと思っているのにどうしても衝動に負けて吸ってしまう人がいたとします。
でも、人は24時間ずーっとタバコを吸っているわけではありません。
何かのきっかけでタバコを吸う行動が起こるわけです。
仕事が終って一段落し、書類を片付けた時?
食事が終って、食器が空っぽになり「ごちそうさま」という自分の声が聞こえた時?

そのきっかけとなる場面を視覚や聴覚、身体感覚などではっきりとイメージすること。

そしてもう一つ大切なことは
そのやめたい衝動を克服し、生き生きとしたキラキラとした自分の姿を客観的に外から見ているイメージで見てみること。

この2つをイメージできたら、止めたい衝動を起こすきっかけのトリガーがやってきた時に「スイッシュ!!」という音とともに
一瞬で望ましい自分の映像に切り替わるように何度か繰り返すのです。

私自身もこれを行ってみて、「トリガー」がここだったのか!!と分かると、普段の生活に戻りそのトリガーがやって来た時に
「あ、ここだぞ!」と意識することができ、そして望ましい自分のイメージが湧いてきてその止めたい衝動が起こらなくなりました。
不思議なんだけれど、ホントのおはなし。

「自分も止めたい衝動や習慣をなんとかしたいんだよね〜」なんて思っている方がいましたら、
このスイッシュパターンを試してみませんか?

今なら(10月末まで)、無料でミニセッションをさせていただきまーす(^O^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA