ハーブ入り手練り石けんの作り方

ハーブの活用法として定番の、とっても簡単な石けん作りのご紹介です。

粉状の石鹸素地にハーブの粉末とハーブティーを入れてコネコネとするだけで作れちゃいます♪

お子さまでも粘土遊び感覚で楽しみながら作ることができるので、親子でハーブを楽しみながら、
手を洗う習慣付けにも役立つかもしれませんね〜♪

 

 

 

 

 

 


●用意するもの
石けん素地パウダー
ドライハーブの粉末
ハーブティー

☆オプションではちみつ(保湿効果アップ)、精油(香り付けに使用しますが、香りが蒸発しやすく残りにくいです)

●作り方
1.ビニールに石けん素地を入れ、ドライハーブの粉末を加えてよく混ぜ合わせます。
(目安として、100gの石けん素地に小さじ1杯程度)
2.ハーブティーを少しづつ入れてよく練ります。100gの素地には30~50ml程度)。粘土状になるまでよくこねます。
ティーを入れ過ぎると泡が立ったりベタベタしたりして扱いにくくなるので、様子をみながら少しずつティーを入れ、パン生地を練るようによく練り合わせるのがポイントです。
3.ここでオプションの材料を入れる場合は入れてよく混ぜ合わせます。
4.袋から素地を取り出し、好きな形に整えます。
5.1週間程度、裏表にしながらよく乾燥させれば出来上がりです。

石鹸素地は、私の場合は「松山油脂」さんのものを使用していますが、
「生活の木」さんや「カリス成城」さんなどのサイトでも手に入ります。
また、無添加の固形石鹸をおろし金ですりおろして利用することもできますヨ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA