カレーリーフを挿木してみました

3年くらい前、ハーブスクールの受講生さんから「カレーリーフ」の苗をいただきました。

びっくりする程に「カレー」に似たスパイシーな香りのするハーブで、カレーの風味付けに使うのが良いですね〜。

最近、ホームセンターやファーマーズマーケットの苗コーナーで販売されているのを見かけたりするけれど、
小さな苗のポットが1個680円という高額で販売されていたり、
その横に注意書きで「本土へは持ち出しすることができません」と注意書きをされていたりするのを見かけて、

「へぇ〜!そうなんだ〜!!買ったら高価なハーブだし、香りもとっても珍しいので大事に育てよう〜」と思っているのですが、

2年位前でしょうか。
いただいた苗から種が落ちたりしたのでしょうか。

いつの日からか、お家の玄関横、コンクリートの割れ目から芽を出し始めてかなり立派に成長を続けているのです。
鉢植えにしてある苗もあるのだけれど、やっぱり地植えで育った方が色が鮮やか、見た感じからも元気そうな様子です。
「すごい生命力だなぁ」と関心しながら毎日水をやり成長を見守っていました。

先日、この苗を私にくださった方が久しぶりにご来店。

「カレーリーフは結構大きく木みたいになるようだから、今のうちに引っこ抜いて植え替えた方がいいはず」とのアドバイス。

そうなんだ!!と引っこ抜こうと思ったのだけれどすっかり根付いてびくともしません(^_^;)


とりあえず、引っこ抜けたとしても移植が上手くいかないと困るので、挿し木で苗を増やしてから今後のことを考えよう〜ってことにしたのです。

茎の部分を斜めの切り、少しの間水に浸けてた後、土に挿してみました。

2本の挿し木をしてみました。うまく根付くといいな〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA