雲南百薬 ムカゴの醤油麹炒め〜ピパーチ風味

お家の花壇では、今、雲南百薬の蔓にたくさんのムカゴがたーくさん付いています。

「雲南百薬」は「オカワカメ」ともいわれる薬草で、ツルムラサキとちょっと似ている感じがします。

肉厚な葉っぱシャキシャキとしていて美味しいですし、加熱するとオクラのようなネバリも出てきます。

百薬という文字が名前にあるとおり、ミネラルが豊富で栄養価の高い薬草です。

ムカゴは、その葉っぱの付け根にできる球芽で、これを土に植えれば、また新しい株となって成長します。
、、、ということは、たーっぷりと栄養の詰まっている部分ということができるでしょうね〜。

ファーマーズマーケットなどで、たまに販売されているのを見かけたりするけれど、
どんな風に使うのかなぁとスルーしている人も多いかもしれませんね。

私も、これまで使ってみようという気持ちも起こらずに見過ごしていたけれど、今年は例年以上に沢山のムカゴが付いている感じ。
せっかくだから使ってみよう〜!

調べてみたら、炒めても美味しいらしい。
簡単そうだし、やってみました。

洗ったムカゴを電子レンジで軽く加熱し、ごま油をひいて加熱したフライパンで炒めます。

自家製の醤油麹&ピパーチの粉末で味付けをしてみました。

ムッチリとした食感が美味しい。

こりゃ、飲んべえのための美味しい肴って感じですね〜(^^)

いろいろと調味料を変えて風味をアレンジして楽しめそう。
今度はカレー風味にしてみようかな♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA