マロウの花をドライにしてみよう

2月だったかな?
うるま市の農産物や特産品が勢ぞろいする「うるマルシェ」で購入したコモンマロウのお花がたくさん咲いてくれています♪

せっかくなので、ドライハーブにしてみよう〜!

毎年、ハーブの養成講座でハーブティーのレッスンをする頃にはマロウのお花のシーズンは終わってしまっているので、実物を見ていただけないことが多いのですが、
今年はドライにして保存して養成講座で使用するつもりです。

 

 

 

鮮やかなピンク色の生花ですが、乾燥するにつれて紫っぽい、青っぽい色になります。

お湯を注げばブルーのお茶となり、レモン汁など酸性のものを加えるとピンク色に変化するサプライズティーとしても知られています。

生のお花を5つくらいとレモングラスやミントをブレンドしたティーでは、ほとんど青色が出てこなかったのですが、
ドライにしたらもっと濃い青色のティーになってくれるかな〜。

これからもっと収穫して乾燥させたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA