心に響いた言葉「自分のために許そう」

ここ数日の沖縄は雨模様や曇空。。。
どんよりで肌寒い日が続いています。
今朝はやっと良いお天気。やっぱり太陽の光を浴びると気持ちも元気になる感じがします。

週に5日ほど朝ランする私。
走りながらこんな朝日が見れたりすると、とってもハッピーになりますね〜。

さてさて、昨年NLPを学んで以降、テレビやラジオ、本など様々な媒体から受け取る様々な言葉や考え方を敏感になっているような気がしています。

様々な事柄には意味はなく、人それぞれが脳の中のフィルターによって意味付けされる。
例えば、、、、

「今日雨が降っている」という自然現象に対して、「嫌だなぁ」と思う人もいれば、「ラッキー!!」と思う人もいます。

「今日雨が降っている」出来事に対して、人によって受け止め方、意味付けの仕方が違っているんですよね。
当たり前のことだけれど、自分自身の脳の中で意味付けの仕方を変えることができれば、マイナスの感情もプラスの方向に向わせることが可能になるんですよね。

そのためには、その事象に対する見方を違う角度から見るようにしてみるとうまくいったりします。
すなわち「リフレーミング」することで、望ましい方向に進めることが期待できます。

先日、私が大好きなラジオ番組に寄せられた、ちょっと哀しい、ツライエピソードに対するパーソナリティさんの発言がとても心に残りました。

そのメッセージは、、、、

幼いころに父親から虐待に近いことをされていた自分について
大人になっても、その時の体験から父親への憎しみや、完全に大人になれていない自分がいることへの悩み、、、
のような投稿でした。

そのリスナーさんがどれだけツライ体験をし、そして今でも拭いきれない思いがあるのかは計りしれないなぁ、、、と考えながらラジオに耳を傾けていました。

そのメッセージに対する女性&男性パーソナリティーさんお二人の言葉。
完璧な言葉は覚えていないのですが、

どんなにツライ想いをしてきたのか、それは私たちが想像する以上のことだろうけれど、
自分のために相手を許すってことも必要かもしれない。
相手を許すことで、あなたが楽になったり前に進めるかもしれない。

そのお二人のパーソナリティーさんたち自身も、自分自身が楽になるために相手を許すようにしている、、、

そんなことをおっしゃっていました。

何だかとっても心に響きました。

私自身も数カ月前に、ある人との関わりで心が締め付けられるようなことがありました。
NLPを学んでいるにも関わらず、なかなかその感情を拭えずにいましたが、

「自分のために相手を許す」

この言葉で、少し開放された気がしました。

それでもまだ、やっぱり哀しい、ツライ感情がわき起こったりしているけれど、、、
もっともっと見る角度を変え、意味付けを自分自身の中で変えてみることでもう一歩前に進めるかもしれないなぁと、
今感じています。

許せなかった人や物事について、いつまでも許せずにモヤモヤと考えているよりも

許すことで、そのことについて思い出すこともなく明るく前向きに過ごすことが出来たら、自分自身にとってはその方が望ましいのかもしれません。

なかなか難しいことかもしれない。
はじめはうまくいかなくても、繰り返し行うことでうまくいったら嬉しいな。

私自身も「自分のために相手を許す」ことをしてみようと、今努力しているのでした(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA