手作り柚子ピール

お客さまから、
「柚子をたくさん頂いたので、持って行きますね〜」とのご連絡。

たしか、昨年もいただいてので申し訳ないような、ありがたいような、、、

で、待っていると

「え〜!!こんなにいいんですか〜!?」って位、たくさんの柚子をいただいちゃいました。

嬉しいけど、こんなにいっぱいの柚子。
どうやって使いきろうかな〜。。

「まだたくさんあるので、ウチでも今回は先生みたいにジャムを作ってみますよー」ってお話だったので、
私が普段作っているときの手順を簡単にお伝えしました。

私もジャムにして保存しようかな〜と思っていますが、
まずは6個分を使って柚子ピールを作ってみました。

皮を剥いて、内側の白い部分を少しこそげ取った後、細く切って一度茹でこぼしをしました。

その後、お砂糖と搾った柚子の果汁、お水を加えてコトコトと煮込みます。
搾った後に残った種と果肉の入っていた袋の部分を小量お茶パックに入れて一緒に煮込みました。
その方がとろみがつくかなぁ〜と思って(^^)

2日程まえに、親指の指先の部分を何か切ってしまっていたので、果汁がしみて痛い〜(>_<)

手肌が荒れやすいこの季節、ちょっとツライ作業かもしれませんが、
美味しいものを作るためにはガマン、ガマン。

果皮に透明感が出てきて水分がなくなる位になったら火から下ろします。

これで完成ではありません!

クッキングシートをひいた天板に、できるだけ重ならないように並べたら120度に予熱したオーブンで45分程加熱することで
さらに水分を飛ばして乾燥させます。

加熱時間は分量によって異なると思います。

 

 

 

 

出来上がりはこんな感じでーす。

コレにグラニュー糖をふりかければ、キラキラとした外観でより美味しそうに見えるかもしれませんね〜。
過去に、保存しているうちにグラニュー糖が溶けてしまったりしたので、私はこのまま保存します。

このピールをさらにアレンジして美味しいスイーツを作る予定です♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA