沖縄の泡盛のルーツ?ラオスのお酒を飲んでみました

とっても気になっていたお酒をゲットしました。

ラオスのお酒「ラオラオ」。

米を原料としたラオスの地酒で、泡盛のルーツともいわれているそうです。

この「美らラオ」はそのラオスの酒造りの村の女性たちを中心に泡盛の技術も融合させて産業化に取り組み、ラオスと沖縄で力を合わせて完成させたお酒だそうですよ〜。

パッケージもとっても素敵で開封するのがもったいないな〜と思いつつ、、、
やっぱり風味が気になる〜。

早速飲んでみましたよ!

 

 

蓋を開けてクンクンと香りをチェック。
確かに泡盛に似た、でも泡盛ほどは麹の香りが強くないような、、、良い香りです。

ロックで飲んでみました。
30度の泡盛感覚で口に入れたら、、、
結構キツイぞ〜?!

よーく表示を見ると、アルコール度数が40度もあった!!

蒸留酒なのでスッキリとしています。
シークヮーサーを入れたり、炭酸水で割っても良さそうですよ!

すっかり酔っ払っていいあんべ〜になっちゃいました(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA