オリーブオイルとバタフライピーの手作り石鹸

ペットボトルを容器として利用して作るオーリーブオイルの石鹸は使い心地が滑らかでとっても上等です。

苛性ソーダを入れてオイルから作るので完成までに日数がかかるけれど、時間のあるときに時々作っています。

自粛生活で時間はたっぷり。
バタフライピーのハーブティーも材料にして作ってみましたよ!
ティーの色は濃ゆい青色だけれど、出来上がりはどんな色になるのかな?

ペットボトルにバタフライピーを入れ、苛性ソーダを入れて混ぜるとすでに青色じゃなくなります。
ドブのような変な色(^_^;)

オリーブオイル、パームオイル、ココナッツオイルをブレンドして温め、バタフライピー&苛性ソーダ液の中に注ぎ入れます。

水分と油なので当然最初は分離しています。
ペットボトルの蓋をしっかりと締めてたら、一生懸命シェイク!シェイク!を約30分間。

 

 

 

疲れるので、途中の休憩はOKです。
でも、シェイクの仕方が不十分だと固まらなかったり失敗することがあるので、よーく振って混ぜるのが大事です!

ピンボケですが、振っているうちになんとなく液体が重たくドロドロとした感じに変化してきます。
「鹸化」という化学反応がだんだんと起こって石鹸になっていくんですね〜。

 

 

30分位経ったら、一度蓋を開けて好みの精油を入れて香り付けをして容器(型)に移します。

6週間以上熟成させると、しっかりと固まり石鹸になります。

色は、他のハーブティーを利用して作った時とほとんど変わりませんでした〜(^^)

この石鹸が使えるようになるには7月まで待たないといけないですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA