イランイランの花が咲きました


今年もイランイランのお花が咲きました!

私の自宅にあるお花の中で、苗を購入した時に最も高価だったのがコレ、イランイランです。

イランイランはインドネシアやマダカスカルなど熱帯地方に育つ植物です。

名前は、マレー語で「花の中の花」という意味があるそうです。
リボンのように細い花びらで下に垂れ下がるように咲きます。

花びらは最初は緑色、だんだんと黄色になっていきます。

精油は、ジャスミンに似た甘く濃厚な香りがして、精神を鎮静効果させたり、ホルモンバランスを整えたりする効果が期待できるといわれています。

実際のお花はどんな香りがするんだろう〜

お花の香りを嗅いでみたい!
と思っていたところ、近くのファーマーズマーケットで苗が売られている!というこ情報をゲットして購入したのでした。

2,500円位したので、ちょっと買うのを躊躇しましたが購入して良かったです(^^)

さて、お花の香りは、、、というと
あれれ?
ほとんど香らない。
鼻を近づけて、一生懸命にクンクンと嗅いでいるとほのかに甘い香りが感じられるかな?
という程度。
土の栄養状態なども関係あるのかなぁ。。。

たくさんのお花が咲かないと、香りはあまり感じられないよ〜
ってお客さまから教えていただきました。

まだ腰の丈くらいの鉢植えなので、イランイランの甘い香りに包まれるのはまだまだ先のことかもしれませんね〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA