乾燥バジルの作り方

沖縄にも強い寒波がやってきました〜!
風が強いので、表示される気温よりも体感はずーっと寒く感じます(>_<)
「最高気温14度で寒いわけ〜?!」って本土の方は思うかもしれないけれど、
来たらわかります!!めっちゃ寒いです〜!!!

ここ数日の強風で、元気に育っていたアフリカンブルーバジルの枝が折れてしまいました。

バジルはハーブの本には一、二年草と書かれていたりしますが、温暖な沖縄では多年草となり
茎の部分が木化してきます。
その木の枝みたいになったところからポキッと折れちゃったのです。

もったいない、、、

ということで、乾燥バジルを作ることにしました。

葉っぱを摘んで耐熱皿へ。

ラップをせずに電子レンジで加熱。
800Wでとりあえず2分でこんな感じ。

ちょっとしんなりとしてきました。

数回に分けて様子をみながら短い時間で加熱を繰り返します。

そして、こんなにパリパリに乾燥しましたー。

これ以上加熱すると、焦げたりするので注意が必要です。

 

 

 

 

乾燥したての葉っぱを手でグシャっとすれば、簡単に粉上になりますよ〜。

容器に入れてみてびっくり。

たったこれだけ〜!!ってほど。
小さな瓶の半分にも足りない程にしかなりません。

スーパーなどで売られているドライハーブの粉末も、ちっちゃな瓶に入っているけれど意外と大量のハーブが詰まっているんだよね〜
って改めて実感させれるのでした(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA