ビーツの活用〜ピンク色のザワークラウト

寝起きのストレッチ中、早朝にやっている世界のお料理を紹介する番組を観ていたら、とっても色が綺麗なザワークラウトを紹介していました。
ビーツを利用することで、ピンク色になってる!これは作ってみたい!!

早速、キャベツとビーツを近くのファーマーズマーケットでゲットして作ってみましたよ!

「ザワークラウト」はドイツの漬物。キャベツを発酵させて作ります。
私は、これまで酢を利用した「ザワークラウト風」しか作ったことがなかったので、
初めて発酵させて作る本格レシピに挑戦してみました。

キャベツ500gを千切りに。
ハーブソルトを小さじ2〜3程度。
黒砂糖を小さじ1。
ビーツのすりおろしを大さじ2〜3位。

これをボールに入れ、手でもみ込んでいくと、だんだんとしんなりしてきました。

消毒した保存瓶に入れ、テレビ番組では重しを乗せていたけれど持ち合わせていないので、
ぎゅーっと体重をかけて潰したところにラップをして蓋をしました。

「4日間ほど発酵させる」って言っていたけれど、
ここは沖縄。気温も湿度も高いので3日目に味見してみたら、いい具合に発酵して酸味が出てきていました。

上手に発酵させることが出来てちょっと感動。

色もとっても綺麗で食が進みます♪

キャベツを大量に消費できるので良いですね!
今度はスパイスも入れて作ってみよう〜と思いました(^O^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA