バジルの乾燥方法


基本的に、葉っぱもののハーブの乾燥方法はだいたい同じ方法でうまくいくと思うのですが、

アフリカンブルーバジルをたくさん収穫出来たので、実際にバジルの葉っぱの乾燥方法を画像も添えてご紹介しようと思いまーす(^O^)

摘んだバジルはササッと水洗いでゴミや汚れを取り除き、キッチンペーパーなどで水気を拭き取ります。

そして、葉っぱを茎から取りはずし、耐熱のお皿にできるだけ平らにあまり重ならないように並べ、電子レンジで加熱します。


加熱時間は、分量によって変ってきますが、、、、

とりあえず、今回はまず800Wで2分程加熱。

湯気が立ち上り、だいぶ葉っぱがしな〜っとしてきました。

その後、1分、30秒と時間を小分けにし、その度に中の様子を確認しながら数回に分けて加熱。

バリッパリに乾燥できましたー!
色も割と綺麗に残っています。

加熱しすぎると焦げてしまいます。

加熱が不十分だと、保存しているうちにカビが生えてきたりします。

触ってみて、カラッカラのパリッパリになっていればOKです。

 

 

 

 

 

これを手でぐしゃぐしゃっとつぶせば、簡単に砕けるのでミキサーを使わなくても大丈夫♪

 

 

 

 

 

 

あんなにたっぷりとあったフレッシュの葉っぱですが、

乾燥&粉砕してみてびっくり。

「たったのこんだけ〜!?」ってほどの量にしかなりません。

この瓶、市販のお薬の錠剤が入っていた小さな瓶なのです!

その小瓶の半分の高さにも達しないほどの少量にしかなりません。

実際に自分で作ってみると、乾燥させるとこんなに少ない量でも、どれだけの手間と大量のハーブが必要なのかが実感できて
とってもありがたみが湧いてきますね〜(*^^*)

 

 

ハーブをたくさん収穫して、使い道に困ったら試してみてくださいね!

乾燥保存しておけば、いろいろなお料理にいつでも気軽に使いえますね!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA