未熟マンゴーのチャツネ

マンゴー農家をしているお客さまから、未熟なマンゴーをたくさんいただきました\(^o^)/

美味しい果実を作るためには、せっかく付いた実を未熟なうちに間引くのも大切な作業のようです。
もったいない感じもするけれど、いろいろと大変な作業があるからこそ甘さがギュっとつまった美味しいマンゴーになるんでしょうね〜。

でも、その間引いたマンゴーは野菜のような感じでいろいろと活用できるみたい。

昨年もいただいて作ってみて美味しかったマンゴーチャツネを今年も作ってみましたヨ!

チャツネとは、インドで野菜や果物に香辛料を加えて煮込んだり、 漬けたりして作るソースまたはペースト状やジャム状のもののことを言うようです。甘いチャツネや辛いチャツネもあるみたい。

今回は甘いチャツネです。
未熟マンゴーの皮と種を除き、小さく角切りにします。
レーズンと、小さく切ったドライアプリコットも混ぜてみることにしました。
お砂糖とシークヮーサー果汁、シナモンパウダーを加えてコトコトと煮込みます。

途中、甘味をチェック。マンゴーがけっこう酸っぱい!ハチミツを少し加えてさらに煮込みました。
マンゴーが柔らかく透明感のある色になりジャム状になれば出来上がり〜!

とーっても美味しくできあがりましたよ〜!!

もし身近なマンゴー農家さんから未熟マンゴーをいただく機会があったら、
ぜひ作ってみてくださーい。
リンゴで作っても美味しいですヨ(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA