やっと成功!月桃染め

何度か試してみたけれど、なかなか色が出ずに失敗していた月桃染め。

月桃の花を入れるとピンク色になると教えてくださった方もいましたが、
じゃ、花の時期じゃないと良い色が出ないのか?と疑問に思いつつ、
昨年の花の時期は実験することもすっかり忘れて時が過ぎておりました(^_^;)

私のブログを見てくださったスポーツクラブのお客様が話しかけてきてくれました。
染めや織りなどをされているお客様なので、知識や経験が豊富です。

そして月桃を煮出した後にあることをすると良い色が出て染まりやすくなることを教えてくれました。

花壇にでっかく育った月桃があるので葉っぱを採取して小さく切り、生ゴミ用ネットに入れてコトコトと鍋でしばらく煮込みます。

そして出た色は、こんなに薄い色。

以前は、こんな状態の中に生地を入れたので、やっぱりソマらなさそうなのは一目瞭然ですね。。。

 

 

 

 

 


この染料に、教えてもらった素材を入れるとあら不思議!

色が濃ゆく、赤っぽく変化しました!

時間が経つとどんどん濃ゆくなりワイン色っぽくなりました。

これなら染まりそう♪

 

 

 

シルクのスカーフに輪ゴムで絞り模様を入れて染めてみました。

途中、みょうばんの媒染液に浸してもう一度染料へ。

完成品がこちらです〜。

光沢のある淡いピンク色のスカーフの出来上がり。
もう少し長い時間浸しておけば、もうちょっと濃ゆいピンク色になったのかな??

それでも、春らしい素敵な色に仕上がって大満足。

やっと月桃染めの方法がわかってきたので、もう少し試してみたら教室でもやってみたいな〜と思っています。

興味がある!
って方はぜひご連絡くださいね(^O^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA